偏頭痛と女性ホルモンには深い関係がある

女性ホルモンについて

今回紹介するのは女性ホルモンと偏頭痛の関係についてです。

月経や妊娠、出産、更年期といった女性にしかわからない女性特有の時期があります。

この女性の特有の時期に起こる偏頭痛には女性ホルモンが大きく関与していると言われています。

特に、女性ホルモンが大きく関わる月経周期に女性ホルモンの働きがセロトニンという脳内物質に影響して脳の血管を拡張し、片頭痛が起こるとされています。

この女性ホルモンのうち卵胞ホルモンというエストロゲンの減少する排卵期と月経開始前後に特に起こりやすいようです。

また月経による偏頭痛は特に月経が始まる10代前半の女性に多いようです。

この年齢以外でも若い女性の偏頭痛を訴える方の約6割は月経と関係していると言われています。

更年期と偏頭痛

しかし妊娠中の女性の場合は中期や後期には女性ホルモンの働きが活発になるのでエストロゲンの分泌も増えてその影響で偏頭痛は起こりにくいとされています。

それとは、反対に更年期には女性ホルモンの分泌は低下していきます。

そのために、偏頭痛が起こりやすくなります。

ですが、高齢期は女性ホルモンの低下のみが原因ではなく、この他にも肩こりやほてりなど何らかの体の不調なども偏頭痛の引き金になり更年期の時には偏頭痛が起こりやすくなっています。

これも更年期の時期が過ぎれば閉経もあり、体の不調も改善し女性ホルモンも安定してくるので偏頭痛も治まってきます。

しかし、出産後もそうですが、女性ホルモンのバランスが元に戻った時ほど、気をつけてください!!

偏頭痛の原因をみつける

出産してからは女性ホルモンの分泌も戻り、偏頭痛がまた起こりやすくなりますがホルモンのバランスのみならず慣れない育児による日頃のストレスや疲労などからも引き起こしやすくなります。

また更年期を過ぎても、ホルモンのバランスでなく肩こりなどが原因の緊張型頭痛を引き起こすことがあります。

偏頭痛は些細なことがキッカケで誘発されることもありますので、くれぐれも注意しておきましょう!!

また、そのような場合に備えて掛かり付けのお医者さんも見つけておくといいでしょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ