腰痛、肩こり、偏頭痛が治らない理由

治らない理由について。

腰痛や肩こり、偏頭痛と言えばみんなが1度は経験した痛みですよね!?

上記に症状は良くなったりひどくなったりと付き合いが長い方も多いと思われます。

特に、今の時代ではデスクワークも増えて1日に何時間もパソコンと格闘している方も多いでしょう。

デスクワークでは長時間にわたり姿勢が悪い状態が続き腰痛を引き起こしてしまったり、目の疲れや知らず知らずのうちに力が入ってしまい肩こりや頭痛も引き起こしてしまいます。

更にストレス社会と言われる今日では、ストレスからの偏頭痛を持つ方も多いと思います。

今回はそんな腰痛や肩こり、偏頭痛が治らない理由について紹介します。

3つの症状の関わり。

普段から肩こり、腰痛を持っている人は偏頭痛を持っている人も多いでしょう。

そこには、色んな要因が関わっています。

肩こり、腰痛を持っているので寝ても良い睡眠が出来ておらず睡眠不足になってしまって偏頭痛が起こってしまいます。

また偏頭痛からくる肩のこりが出る場合や歯の咬み合わせが悪い時にも偏頭痛や肩こり、腰痛などの症状がでることもあります。

このようにこの3つの症状はとても深く関わりあっているのです。

この3つの症状を改善しようと思うと1つ1つの症状の改善も必要ですから原因もそれぞれにありその元を改めようとすると生活習慣から変える必要もあります。

ですので、治るのに時間が掛かってしまうのです。

肩こりを防止するために普段から運動や柔軟をして筋肉を伸ばして血行を良くしたり、入浴をしてリフレッシュするのも良いでしょう。

ストレスのない生活を心がけストレスが溜まってきたら発散したりすることも必要です。

原因を突き止めることが早期改善の近道。

偏頭痛の改善や睡眠の質も高めるためにも腰痛の原因、肩こりの原因を知ること、医者や整骨院に通って自分の症状にあった診察をしてもらうことも大事でしょう。

まずは、治りにくい腰痛や肩こり、偏頭痛が何故起こっているのかを知って対処していきましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ